渋川エリアで夢の注文住宅を建てたい人へ。おすすめの工務店・ハウスメーカーをご紹介します!

menu

サイトマップ

渋川で理想の注文住宅!厳選工務店・メーカーを紹介します » 注文住宅の建て方~流れをチェック!~ » 身体に優しい自然素材の家とは?

公開日: |更新日:

身体に優しい自然素材の家とは?

自然素材に家に憧れる人は多いですが、イメージしている自然素材の家は、人によって違うかもしれません。自然素材の家にデメリットがないか気になっている人もいるでしょう。ここでは、自然素材の家の特徴とメリット・デメリットを紹介します。

自然素材の家の特徴とは

自然素材の家は、明確な定義があるわけではありませんが、一般的に天然の素材を使用して建てた家のことを指しています。天然の素材には、無垢材、漆喰、珪藻土、天然リノリウム、コルク材、セルロースファイバーなどがあります。無垢材にこだわっている建築会社も増えてきているようです。

何を自然素材の家と呼ぶかは建築会社によって異なります。単に木造建築を自然素材の家と表現しているかもしれません。自分の考えている自然素材の家と建築会社の自然素材の家の定義が合致しているかどうか確認する必要があります。

自然素材で建てる家のメリット

体にやさしい

自然素材で建てられた家のメリットのひとつは、体の負担が軽いということが挙げられます。一般的な建材で建てられる家と比較して化学物質が少ないため、シックハウス症候群やアレルギーのリスクが抑えられるでしょう。

経年変化を楽しめる

自然素材の楽しみのひとつが経年変化です。物は必ず劣化するものですが、自然の物には、劣化してもそれが味わいになり、愛着が増していくという特徴があります。素材を育てるような感覚で変化を楽しめるので、飽きもきません。

自然本来の力で過ごしやすい

自然素材には、素材そのものが持つ本来の力があります。漆喰や木材には、湿気を吸収したり放出したりする調湿効果があり、そのおかげで室内が快適な湿度に保たれやすいというのが特徴のひとつです。自然の力を借りて快適に過ごせます。

自然素材で建てる家のデメリット

コストがかかってしまう

予想できるかもしれませんが、自然素材は高価になりやすいです。流通している量が少ないこと、育てるのに時間とコストがかかること、さらに一般建材のようにまとめて購入できないことから、コストは高くなると考えておきましょう。

派手な色や模様は選べない

自然素材はあまり色が多くありません。たとえば木材であれば茶色の濃淡をデザインに活かす程度で、ピンクや黄色などカラフルな色を取り入れるデザインには向いていないでしょう。レパートリーが少なく、派手な色、模様が選べません。

手入れする時間が発生する

自然素材は自分で手入れがしやすいのも特徴です。自分でメンテンナンスできるということは、手入れの時間が発生するということ。セルフケアできることをメリットに感じるかデメリットに感じるかは人によって分かれそうです。